物流コンサルティング

環境変化に即応できる現場作りをサポート

いま、物流センターに求められているものは、正確な現場運営実態把握、原価管理と、環境変化に即応できるリカバリー力であり、これらは業務内容の数値化によって実現が可能となります。
私たちは物流現場の定量把握と、運営実態に即した管理技術をサービス化しており、物流センターにおける非効率の撲滅をサポートいたします。

コンサルティングメニュー

サービス名 サービスコンセプト サービス概要 期待効果
物流拠点立地設定 多数の実績に裏打ちされた、計画から移転までの現実的なスケジュール立案を行います。
(1) 物流拠点集約、
移転コンサルティング
(2) 最適拠点数・立地分析
(3) 適正拠点規模算出、
庫内ロケーション設定
(4) コストシミュレーション
(5) 実行スケジュール策定
地域性、実勢相場を反映した費用対効果の算出ができます。
経営・営業戦略を反映した適正な拠点数、立地選択ができます。
物流見える化支援
(物流ABC分析)
業務内容の時間的比率や経過を作業別に捉えることで、品質を損なわない最短プロセス、時間・適正な作業方法を導きます。
(1) アクティビティ設定
(2) 専門ツールによる実態測定
(3) スピーディな原因分析
(4) 改善策立案
(5) 分析結果報告
工程別にボトルネック把握、克服し、業務コストを下げ変化対応力を高めます。
業務生産性向上
(コストダウン)
物流センター業務を多面的に分析、把握し、成果実現に向けた実践サポートを行います。
(1) 業務運営実態把握
(2) 変動費用改善策立案
(3) 固定費用改善策立案
(4) 在庫管理改善策立案
(5) 改善実施サポート
顧客目線、経営目線で業務を包括した改善アプローチを行うことで、より踏み込んだ改善成果を創出します。
物流後利益
(顧客別採算分析)
自社の業務のタリフ(料金表)を作成し、顧客別に物流コストを把握し、管理する仕組みを構築します。
(1) 配送タリフ作成
(2) 庫内業務タリフ作成
(3) 出荷箱数・ピース数把握
(4) 売上データ把握
(5) (1)~(4)の紐付け
(6) レポーティング・仕組み化
商流等個別条件に合わせた原価管理、改善、条件交渉が可能となり、採算性が向上します。

改善実績を見る

コンサルティング内容詳細について

「コンサルティング内容」のサービス名をクリック頂くと、各サービスの詳細にジャンプいたします。詳細ページでは期間やステップ、概算費用などを確認頂けます。
その他にもロジスティクスの非効率を撲滅するための多数のメニューを揃えております。
お気軽にお問い合わせください。

効率+αが求められる物流センター

物流センターは、今や「商品保管」だけではなく、「商取引の付加価値を高める」ための役割を担いつつあります。そこでは作業の効率性はもとより、サービス、リードタイム、セキュリティ、そして BCP(事業継続計画)策定など、様々なサービスを提供する拠点として、しっかりとした設計・構築・運用ノウハウが求められます。
しかしながら、多くの現場はセンター長の管理、決裁権限はわずかであり、権限外であるクライアントのビジネスや外部環境に関心の薄く、請負会社などの外注先の管理と価格交渉に終始している非効率が多く見られます。
私たちは数々のセンター構築、立ち上げ、建て直しなどの経験を通じて培ったノウハウを基にして、業種・業態それぞれに求められる機能要件を満たしたソリューションを提供いたします。

物流センターの役割:あらゆる条件を流通過程に組み込むことで経済合理性を高める機能